2011年07月11日

必携品のLEDライト

347_78.jpg347_34.jpg長澤です。

東日本大震災以来、以前はあまり意識に上らなかった停電(災害による停電、事故による停電、更には供給不足による停電・・・等)があり得る状況になってきました。

夜間に、ビル内で、地下街で、エレベータ内・・・で停電になれば当然真っ暗闇、その後の行動が不安になります。

そんな時には携帯の表示を使えばしのげますが、なんと言っても連絡をしたい時に電池が消耗していては困るので頼り切れません。

で、お勧めは超小型のLEDライトです。1,500円以下で買え、15時間使用できます。電池を入れ替えれば当然また15時間。このようなものはいざと言うときの信頼性が重要でなんと言っても設計と製作は日本製品をお勧めします。小さいのでいつでも持っていることができると言うのも重要です。

わが家では家族がそれぞれ持っています。

詳しくは添付のURLをご覧ください。Amazonでも型名(ABITAX)を入れ検索すればでてきます(類似品として半額の中国製も表示されますが (^_^) )。

http://www.assiston.co.jp/?item=347



--
千葉大学英友会事務局
長澤 宏和
p.antenna@navy.plala.or.jp
posted by chibaessblog at 08:27| Comment(1) | 震災

2011年07月03日

我が家(福島県郡山市)の放射線量('86松阪)

【庭】

芝 2.3μsv/h
レンガチップ 2.6μsv/h
石 2.5μsv/h
花壇 1.8μsv/h
サンルーム内 0.6μsv/h
駐車場前側溝 4.3μsv/h
雨どい下 2.8μsv/h

【屋内】

1F 0.25μsv/h
2F 0.35μsv/h
玄関内 0.18μsv/h
玄関外 1.35μsv/h
posted by chibaessblog at 18:28| Comment(0) | 震災

2011年05月31日

和文英訳ボランティアのお願い

皆さま
 
88年入学の鈴木武道です。
 
このたび、私の関係しているNPO法人「子供地球基金」という団体で、
会報の和文英訳のボランティアを募集しています。

内容は、この団体が訪問した病院などでの子供たちの様子など、比較的
簡単なものです。180文字程度です。ただし、よくある英文和訳と違い、
「和文英訳」なのでご注意ください。
 
「子供地球基金」は、これまで病気や戦争、災害で傷を負った子ども

たちに絵を描かせることで、メンタルケアをするという活動を主にやって
きました。1988年に設立された団体です。世界各国、幅広く、運動を
続けていたのですが、今回は、日本の被災地にも頻繁に足を運んでいます。
 
サイトはこちらです↓

 
私は、団体の人間ではないのですが、こういった情報を伝えていく立場

にありますので、応援しております。
 
この件では、SES・ESSの皆さんに、メール等でお願いしていましたが、
手を挙げていただいた方が複数いらっしゃって、大変助かっています。

それでも、人手は常に不足していますので、ご協力いただければ幸いです。
 
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
(カテゴリーでは「英語」と重なるところもありますが、こちらにして
おきました)
 

 
 
 
 

 
posted by chibaessblog at 08:08| Comment(0) | 震災